壊れていても高価買取!?ブランド時計の不思議

動いていないブランド時計!!

先日、家を整理をしていたら、昨年、亡くなった父の腕時計がでてきました。そういえば、父がまだ会社へ行っていた頃、毎日、腕につけていたのがこの海外ブランドの時計でした。時計は男のスターテスだとか言って、けっこうな値段のものをローンで購入して何十年も愛用していたのです。でも定年退職して悠悠自適に暮らすようになってからは、つけなくなって、ですから私がこの時計を見るのはずいぶん久しぶりでした。ずいぶん大きな紙の外箱と皮張?の内箱に入っていた時計は、すでに動いていませんでした。

さらに発見!!ガラスが割れてる

せっかく見つけたので、ケースからだして調べてみました。時計の針は動いていませんでしたが、ケースの横のねじを回すと動きだしました。金属製のベルトも錆びておらず、普通に手首につけられます。箱の中には時計本体の他に説明書や英語で書かれた保証書、ベルトの駒などが入っていました。そして私は時計をいろいろな角度から眺めているうちに、時計の表面のガラスの縁が割れている、という欠けているのを見つけたのです。どうなんでしょう。こんなに古くて、しかも壊れている時計にまだ価値はあるのでしょうか?

買取店にて、査定してもらいました!!

家族の誰もが時計に興味がなく、母親に、好きにしていいよ、と言われたので、私は父の時計をブランド品買取店へ持っていきました。少しでもお金になればいいかな、という感覚です。そして、お店の人にみてもらうと、提示された値段は、なんと、うん十万円でした。ちょっとしたサラリーマンの月給並みの金額です。古くても動くし、ガラスは割れていても、それは買取には問題ない、とのことです。なによりも、はるか昔に発売されたこの時計がいまでも人気があるのが、重要だと説明されました。ブランド品というのは、どんな状態になっていても、欲しがる人がいる限りは、商品としては現役なのだそうです。心の中で父にありがとうを言って、私は時計を売却しました。これからはブランド品は、古くなっても壊れても、捨てる前に一度、売りにいってみようと決めました。

ロレックスは稀少性が高い高級腕時計です。そのために、ロレックスの買取を希望しているなら、高額が実現できます。